ご売却に関するQ&A

その他について

建物は古いのですが、中古一戸建てとして売りたいのですが

中古住宅として売ることも、土地として売ることも可能ですが、両方同時に広告をすることはできません。建物が古くても中古住宅として購入を検討される方もたくさんいらっしゃいますので、お客様のご要望に合わせて販売活動をすることは可能です。

エアコンに不具合があります。事前に修理が必要ですか

ご契約の時に、「設備表」を使ってエアコン等の設備の状況を買主様に確認していただくよう、担当者が手配致します。この時に売主様の負担で修理するか、撤去するか決めることになります。

夫婦で共有名義になっています。特別な手続きが必要ですか

契約書の締結や登記手続に必要な書類の調印などは、原則として本人が行う必要があります。そのため、実印や印鑑証明書などをそれぞれ用意する必要があります。

不要な家具があります。全部処分しないとダメですか

不動産売却をする場合、空家の状態で引き渡すことが原則です。つまり売主様の負担と責任で処分いただきます。処分方法としては、引越し時に引越し業者に引き取ってもらう、リサイクルショップに売却するなどの方法があります。また粗大ゴミ等の手配は時間がかかりますので、事前に準備する必要があります。

売却した場合、確定申告が必要と聞いたのですが

売却した年の翌年に、確定申告をする必要があります。通常、年末調整で納税しているサラリーマンの方も確定申告が必要になります。申告手続きは税理士に依頼することもできますが、ご本人でも十分に可能です。なお、各税務署で申告書の書き方について、無料相談を実施しています。

売却した年の固定資産税はどうなるのですか

固定資産税は、その年の1月1日現在の所有者に課税されます。そのため、売却後も納税通知書が届くケースがあります。だだし、引渡し日を基準日として、日割りで計算された金額を買主様からいただくことになります。

隣地との境界が見当たりません。どうすればよいでしょうか

不動産売買にあたり、境界は重要な問題です。境界票が地中に埋まっていないかどうか確認し、発見できないようであれば、土地家屋調査士に依頼し、境界票を設置する必要があります。境界票の設置にあたっては、隣地の所有者の立会いが必要となり、時間もかかりますので、お早めに担当者にご相談ください。

無料査定はこちらから

店舗のご案内

住宅相談会開催中 お気軽にご来店くださいませ

JR渋谷駅新南口より徒歩5分。
お客様一人ひとりに経験豊富な専属コンサルタントが親身にご対応させて頂きます。是非ご来店をお待ちしております。

〒150-0011 東京都渋谷区東一丁目27番7号 渋谷東KMビル 6階

「渋谷」新南口より徒歩5分

アクセスマップはこちら

ページトップへ